Battleが、1人ではさびしいかなぁ〜と思ってずっとどこかにヨーキーにがいないかなぁ〜???
ってよくペットショップを歩いた。「この子を下さい」という勇気がなかなかでなかった。
欲しい反面・・喧嘩したらどうしよう・・・もう一頭入れる事で、Battleにストレスになったらどうしよう・・・
Battleも7歳だし・・・逆にBattleが子犬をつぶしちゃったらどうしよう・・・なんてたくさん考えた。
お友達の紹介でMJ’sさんに出会った。
Yuと子犬を見せてもらいに2001年1月3日におじゃました。MJ’sさんのオフィスは素敵で成犬も、子犬もとっても綺麗な子達だった。
おじゃまする前にYuと「見るだけだよね。もし欲しいお顔じゃなかったらどうするぅ〜??」
なんてドキドキした。まっくろくろすけRちょはちいさくてとってもかわいくてすぐに決めた。
Rちょが来るまでの1ヶ月、子犬を迎えるのにワクワクドキドキした。
起きて寝るまで、あかたまの中は勝手な想像でいっぱいだった。

YuとBattleと一緒にRちょを迎えに行った。MJ'sさんがたくさんおもちゃやご飯、お守りに入った臍の緒などを持たせてくれた。
ボエボエする車で迎えに行ったので、「酔ったらどうしよう・・」って心配だったけど、車に乗るとすぐに膝の上で「ぽてちん」と寝た。車酔いしない事がなによりもありがたい♪
お家に着くと、ちびっ子はそのままケージで寝た。
Battleは不思議そうにケージの外から様子を伺っていた。
抱っこしたり、遊ぶのは1日に数回にする事にした。狭い4畳半にケージを置いて、遊ぶのも4畳半だけにした。
Battleは、「にゃんにゃんにゃん〜」ってすばしっこく走るRちょを見て「なんだこいつ???」っていう感じだった。ちっちとお座りはすぐに覚えた。
RちょがBattleに甘えてほっぺの毛を噛んでぶら下がって遊んでた^_^;
Battleは嫌だったのかなぁ・・・どうかなぁ〜・・・・

Rちょが来て、毎日が楽しくて忙しかった。日に日に仲良くなるのがとっても嬉しかった。
夜寝る時、Rちょをケージに入れ、部屋のドアをしめる。
数日はそれが普通だったのに寝てるはずのRちょが「ふんにゃぁ〜ふんにゃ〜」
と鳴きだした。最初は夜鳴きだからと思って知らん振りした。
1時間、2時間Kie達もなんとかケージで寝るように慣れて欲しいって思い我慢をした。
Rちょはなかなかしぶとくて、結局Kie達が負けてしまった^_^;
Rちょをケージから出すとすぐにBattleの側に行き、ニンニクハウスで一緒に寝た。
よっぽどさびしかったんだねぇ〜。と、思いつつ・・・自分達の意思の弱さに参った^_^;
こうしてうちからケージが消えた。
でも、Rちょは未だにちょっと姿が見えないと「妖怪鳴き」をして困らせる・・・(>_<)
恐るべし、妖怪Rちょ・・・・
Battleはだいだい1日2回か3回うんち君をする。
Rちょは子犬だった頃は6回くらいしていた。ちっちゃいころころうんちを食事をする度に出す。
だから、うちは合計9回ぐらいうんちくんを片していて、今では7回くらいになった。
役所に届けを出した時に、BattleはKieの名義、RちょはYuの名義にしよう〜と決めた。
という事は、RちょはYuのわんこなわけなのである。
もちろんKieにべったりべったべたなんだけどにん・・・・・
たまのお休みで家族がそろっている時にも、もちろんBattleもRちょもうんち君をたくさんする。
たまたまRちょがうんちをした時に、なんだが立ち上がるの面倒くさくてつい・・・
「Yuちゃん、お宅のわんこうんち君してるよ〜\(^o^)/」と言った。
Yuは「おう、そうだった、Rちょは俺の犬じゃん」とそそくさとトイレットペーパーにくるんで、トイレに流しに行った。
うひょひょ。ラッキ〜!!!!
ってな感じで、時々立ち上がったりするのが面倒な時にこの手を使っている。
Rちょの方が回数が多い事なんて言えやしないよ・・・。