なんとなく、まぬけな事を書いてます。
お暇な時に読んでね!

Kieは・・・とっても、犬が怖かった。小さいころに、近所の犬に追いかけられてから・・・ずっとずっと怖かった。
小学校に通っていたKieは、ある朝、朝寝坊をしてしまって、グループ登校に間にあわなかった。
学校に行く途中、庭に放し飼いの、ワンワン吠える犬がいるので、怖くてたまらなかったのだ。
そして、Kieは学校に行くことができなくて、公園のブランコに座っていました。
すると、おまわりさんが来て。
「なにやってんの?」と質問してきました。
Kieは・・・・無言・・・
「おうちはどこ?」
Kieは・・・無言・・・
ランドセルをおまわりさんが開け、Kieのお家の電話番号を見つけ、母親に電話。
母親は、慌てて交番に走り、Kieを保護。
お家に帰る途中、「どうしたの」と言う母親の質問に
「い・い・い・犬が・・・怖い」と答えた。
母親は、微笑んでから「じゃー一緒に学校行こうね」とKieの手を引いて学校まで行ってくれた。
それでも、6年間Kieは毎日、その家の前を通ることが怖かった。


Kieは、Battleが来る前に、"スーパーミニウサギ"を、飼っていた。とてもかわいい女の子で、ぴーちゃんと名づけた。
ある時、ぴーちゃんの"おしり"近くに、なんだか変なものができた。
これは、大変!!と、思ったKieは、すぐに動物病院に走った。
お医者さんは、
「これは・・・コウガンですねぇ・・」と言った。
Kieは「この世の終りだ・・・・癌だなんいて・・」と思い・・・
「コウガンって申しますと・・・?」と聞くと、
先生は犬の図鑑を持ち出し、「メスの場合は〜」と始まった。
きえはどんな「癌」かと思い、真剣に先生のお話を聞いた。
次に「雄の場合は〜」という説明になったとき、やっと気が付いてお顔が真っ赤になった・・・
そして、
ぴーちゃんが・・・男の子だったってことを・・・知ったのだった。
買った時は、「可愛い女の子ですよ。」
って言われたんだけどなぁ。。。。。

Kieは前にも書いたように、犬がずっと怖かった。
でも、ある日、会社の前で・・・
「きぃ〜!!!!・・・どすっ」
っと、いう音が聞こえてきた。
Kieは「何?なに?」って感じで道路に出ると・・・
毛むくじゃらのぼろ雑巾みたいな犬が倒れていた。
犬が怖いKieもさすがに、
「こりゃー大変だ!!」
っと思い犬のそばに近寄った。
すると、犬をはねた赤い外車のスポーツカーが、走り去っていった。(運転手は、女性だったのだ)
きえは、毛むくじゃらのぼろ雑巾をすぐに、病院につれていった。
幸い、けむくじゃらのぼろ雑巾は、骨も折らずに、はねられたショックで、ちょっとだけ、弱っているだけだった。
さっそく、飼い主を探す為に、市役所、保健所に電話。
保健所は、「今、連れてきてください」と言った。
Kieは、保健所に連れて行けば、どうなるか・・・ってことぐらい知っていたので、とりあえず、会社であずかることにした。
そして、勝手に名前を、《ジョン》と名づけた。
2日間、預かっても飼い主は、現れなかった・・・それでも、一生懸命探した。でも・・・飼い主は現れなかった。
「そうだ、じゃー飼ってくれる人を探せばいいじゃん!!」
ということに気が付き、飼い主になってくれる人を探した。
その間、Kieはジョンに、こっそりと、お弁当を半分あげていた。
やっと、けむくじゃらのぼろ雑巾ジョンを飼ってくれる人を見つけた。
新しい飼い主さんに少しでも、ジョンの可愛さを知ってもらうために、PetShopにシャンプーをお願いした。
数時間後、ふわふわの・・・とってもお利巧そうなジョンがでてきた。
新しい飼い主さんがジョンを連れにやって来た。
「さー行こう」と綱をひっぱたけど・・・ジョンはびくともしなかった。
そこでKieが、「ジョン行こう!!」と声をかけた瞬間、ジョンは立ち上がった。
それは、それは、感動した。
こうして、新しい飼い主さんの車にのってジョンは、行ってしまった。
Kieは後を追いかけて、おいおい泣いてしまった。
しかし、ジョンは・・・新しいお家でしばらく幸せに暮らしたのだが・・・また、脱走したらしい・・・

犬が欲しくてたまらない
ジョンで味をしめたKieは、PetShopに向かった。
Profileを見ていただけるとわかりますがいろいろあって、、やっとBattleは家にきた。
ところが、当時、住んでいたマンションはペット禁止だったのだ。
引越しも考えていたのだが・・ずるがしこいアイディアが浮かんだ。
マンションには、空き部屋があった。
不動産屋さんに電話をして、
「あの〜広告見たんですけど・・・ペット飼えますかぁ?」
っと、電話をし、さらに、友達にも協力してもらって電話をかけた。
でも・・・協力むなしく、引越しを決意し不動産屋さんに電話。
すると・・・「ペットを飼えることにしましたから・・・」とのお答え。
ラッキーという感じで、Battleは堂々と飼えるようになったのだ。

香港に行く
ペット可になったのに、Kie1人・・香港に転勤??になる。
香港に行く為に、食器類など、全てを梱包した。
成田では、おいおい泣き、出発。
Battleは、後から、貨物としてやってきた。
確か20万ぐらい、かかってしまったような気がする。
これは、Kieが無知だったからなのだ。貨物扱いできたBattleはボロボロになってた(~_~)
でも、香港でのBattleとのご対面は、そりゃー嬉しかった。